新型コロナウイルス感染症が流行しています。外出・旅行を疑似体験していただき、少しでも皆様の気晴らしになりましたら幸いです。→ 内閣官房対策サイト

剣豪の里で伝説の一刀石に出会う【奈良・柳生の里】

「全集中の呼吸!」静けさに包まれた杉林に、剣士たちの声が木魂(こだま)するよう。剣豪たちの鍛錬の場といわれる柳生の里を訪ねてきました。剣術・柳生新陰流の発祥の地であり、その創始者・柳生一族の故郷として知られています。奈良市北東部の山あいにある自然豊かな山里です。静かな杉木立の中で、神秘的な巨石に出会いました。

スポンサーリンク

林道の先の聖地へ

神社仏閣などの観光スポットが密集する奈良市街地を離れて、のんびりと車を走らせること約30分。のどかな田園風景が広がる柳生に到着です。

柳生戸岩谷の天石立(あまのいわたて)神社の奥には、「一刀石」という巨石があります。アニメ「鬼滅の刃」の名シーンを彷彿させると話題を呼び、ファンやコスプレイヤーの間で人気の聖地となっています。一刀石へのルートは細い林道になっていて、すぐそばまで車で行くことが出来ません。奈良市営柳生観光駐車場に車を停め、歩いて一刀石を目指します。

奈良市営柳生観光駐車場横の階段を上っていきます
杉木立の間を進みます

道中、心地よい森林浴が楽しめます。清々しい空気を体いっぱいに吸い込みます。

木漏れ日が気持ちいいです

木々の香りや自然の空気を存分に味わいながらの散策。駐車場から歩いて約15分ほどで着きました。

天石立(あまのいわたて)神社の鳥居

鳥居をくぐり先に進むと、苔むした巨石がごろごろと現れます。

ご神体の4つの岩のうちの2つ「前立磐」と「後立磐」
ご神体の岩、上「きんちゃく岩」、下「前伏磐」
天石立神社拝所。左側の岩はご神体のひとつ「きんちゃく岩」

天石立神社は4つの巨石をご神体とする古代自然信仰の貴重な神社です。前立磐、後立磐、前伏磐の3つは神代の昔、手力雄之命(たぢからおのみこと)が天の岩戸を開けた時、その扉石が飛来してこの地に落ちたという伝説があります。また、この辺りは柳生一族の鍛錬の場だったと言われています。

「一刀石」 右上奥にはよく見ると天狗の人形?が祀られていました。この辺りは天狗の伝説が残る場所

天石立神社奥に進んで行くと、一刀石が圧倒的な存在感を放っていました。約7m四方で中央から真っ二つに割れた巨石。とても固い花崗岩だそうです。

柳生新陰流の始祖である石舟斎(柳生宗厳)が天狗を相手に剣の修行をした際、天狗を斬りつけたとたんに天狗が消えてこの石が2つに割れたという伝説が言い伝えられています。

この日も、「鬼滅の刃」の聖地を目指してファンやコスプレイヤーの方たちで賑わっていました。炭次郎や禰豆子に扮した子どもたちの姿もありました。ポーズも様になっていて、とてもかわいかったです。

娘も念願の一刀石を前に、刀を構える

撮影用におもちゃの剣がちゃんと用意してありました。皆さん順番に、剣を構えて思い思いのポーズで撮影していました。この日は木漏れ日が一刀石を照らし、とても幻想的でした。

神秘的な空気の余韻に浸りながら林道を戻り、近くの旧柳生藩家老屋敷に行ってみることにしました。柳生の風景を楽しみながら歩いているうちに、体がぽかぽかしてきて心も癒されます。

お屋敷の立派な石垣が見えてきます

旧柳生藩家老屋敷は、幕末に柳生藩家老として藩の財政を立て直した小山田主鈴の屋敷跡です。昭和39年、作家の山岡荘八氏の所有となり、ここで柳生宗矩を主人公にしたNHK大河ドラマ「春の坂道」(昭和46年放映)の構想を練ったそうです。その後奈良市に寄贈され、一般公開されています。

屋敷表門

屋敷内部には旧柳生藩や山岡氏の資料などが展示されています。

風情のある庭園
柳生の観光スポットのあちこちで目にしたポスター。

柳生観光協会ではコスプレイヤーからの問い合わせの増加に伴い、撮影観光の推進・サポートの取り組みをされています。撮影場所のコーディネートや着替え場所の提供などのサポートがあるそうです。旧柳生中学校では10月にコスプレ撮影会のイベントも開催され、とても盛り上がったそうです。

奈良市東部地域観光案内サイト:https://naranoharu.jp/sightseeing/yagyu/post_51.html

・奈良市営柳生観光駐車場:年中無休、午前9時から午後5時(午後5時以降も出庫可能) 普通・小型・軽自動車 ・・・¥600(1日1回につき)

・旧柳生藩家老屋敷:休業日12月27日~1月4日、開場時間 午前9時から午後5時(入館締切午後4時30分) ¥350(大人)、¥170(小人)

柳生へJR奈良駅・近鉄奈良駅からバス利用の場合は、奈良交通バス「柳生方面行き」で約50分です。(本数が少ないです)

詳しくはこちら、柳生観光協会公式サイト:https://www.yagyukanko.com/

まとめ

帰り道、コスモス畑が広がるのどかな風景をみつけました

柳生の里はなつかしさを感じさせる風景の中に、神秘的な力を宿す地でした。人を痛めつける技ではなく、人を生かす「無刀」の術を究めていったという柳生新陰流。緑あふれる静寂な山里で、平和の剣を目指した剣士たちの真の強さに触れてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました