新型コロナウイルス感染症が流行しています。外出・旅行を疑似体験していただき、少しでも皆様の気晴らしになりましたら幸いです。→ 内閣官房対策サイト

上野東照宮で冬ぼたんを楽しみました(東京・台東区)

徳川家康公を祀る上野東照宮は、ぼたん苑でも有名です。

牡丹には、春咲きの品種(春牡丹)と、春に加えて初冬にも咲く二季咲きの品種があります。冬に咲いた二季咲きの牡丹は「寒牡丹」と呼ばれます。

ややこしいですが、『冬牡丹』は、園芸技術を駆使して「春牡丹」を冬に咲かせたものをいいます。

上野東照宮のぼたん苑では、毎年1月~2月に「冬牡丹」、4月に「春牡丹」を見ることができます。

今回は「冬牡丹」を見に、上野東照宮を訪ねました。

上野東照宮の門をくぐり、しばらく行くと、左手にぼたん苑の入口があります。

上野東照宮のぼたん苑(入口)

ぼたん苑には入場料金が700円(中学生以上)かかりますが、東照宮の拝観との共通券にすると100円割引になります。

苑内には、500株以上の冬牡丹が植えられているそうです。

冬ぼたんの解説(上野東照宮)

冬牡丹は寒さに弱いため、一つ一つかわいい「わらぼっち」で覆われています。

「わらぼっち」の中で咲く冬牡丹(上野東照宮)

一つ一つのわらぼっちの横には、牡丹の品種名が添えられています。

冬牡丹『黄冠』(ハイヌーン)

順路に沿って、「わらぼっち」がたくさん並んでいます。

上野東照宮の冬ぼたん

順路の途中にはいつくか休憩用のベンチもあり、牡丹が飾られた水盤や花瓶などが目を楽しませてくれました。

牡丹の花いっぱいの水盤

ピンク、白、黄色など色とりどりの見事な冬牡丹を堪能しました。

ピンク色の冬牡丹
白の冬牡丹
黄色の冬牡丹

開花率が2割ほどしかないという貴重な「寒牡丹」も見ることができました。寒牡丹には葉っぱが無いのが特徴です。自然な状態で冬に咲く品種のため、根本を菰で覆っていません。

寒牡丹『戸川寒』

早春らしく、かわいらしい福寿草も黄色い花を咲かせていました。

福寿草

ロウバイも咲いていました。

ロウバイ(上野東照宮・ぼたん苑)

出口付近は少し開けた休憩スペースになっています。東照宮の拝殿と五重塔も見えます。

ぼたん苑から見る上野東照宮
上野東照宮の冬牡丹と五重塔

まとめ

上野東照宮のぼたん苑で「冬牡丹」を鑑賞しました。

想像以上に広い苑内で、丹精込めて栽培された冬牡丹のほか、寒牡丹、ロウバイ、福寿草などを楽しむことができます。

上野東照宮のぼたん苑では、毎年「冬のぼたん祭り」のほかに、「春のぼたん祭り」と「秋のダリア展」が開催されますので、また訪れてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました