新型コロナウイルス感染症が流行しています。外出・旅行を疑似体験していただき、少しでも皆様の気晴らしになりましたら幸いです。→ 内閣官房対策サイト

紫陽花を見に白山神社へ【東京都・文京区】

白山神社の紫陽花
白山神社の紫陽花

お出かけするなら、やはりお天気が良いほうがいいのですが、紫陽花を見に行くなら、雨の日のお出かけも悪くなさそうです。

文京区では、季節ごとの花の名前を冠したおまつりが毎年開催されます。文京区五大花まつりと呼ばれていますが、白山神社の紫陽花もそのうちの一つです。

  • 2月頃:『文京梅まつり』(湯島天満宮)
  • 3月下旬~4月上旬頃:『文京さくらまつり』(播磨坂)
  • 4月~5月頃:『文京つつじまつり』(根津神社)
  • 6月頃:『文京あじさいまつり』(白山神社)
  • 11月頃:『文京菊まつり』(湯島天満宮)

残念ながら、2020年の『文京あじさいまつり』は中止となってしまいましたが、紫陽花を見に白山神社を訪ねました。

白山神社(文京区)の鳥居
白山神社(文京区)の鳥居

白山神社の最寄り駅は、都営地下鉄三田線の『白山駅』です。参道の鳥居をくぐると、早くも左右の紫陽花が目に入ります。10段ほどの階段を上ると、何となくかわいらしい感じの装飾がついた門?があります(階段右手には、急ですが、坂道があるので階段を避けて中に入ることもできます)。

白山神社(文京区)の門
白山神社(文京区)の門

手水舎の周りにも、見事な紫陽花が咲いていました。

文京区・白山神社の手水舎と紫陽花
文京区・白山神社の手水舎と紫陽花

境内には、3000株ほどの紫陽花が植えられているそうです。小雨が降っていましたが、色鮮やかな紫陽花が目を楽しませてくれました。

雨に濡れる紫陽花(文京区・白山神社)
雨に濡れる紫陽花(文京区・白山神社)

ぐるりと紫陽花を見て回り、本殿で参拝しました。紫陽花越しの本殿を撮影したかったのですが、あまりうまく撮れませんでした。

紫陽花越しに見る本殿(文京区・白山神社)
紫陽花越しに見る本殿(文京区・白山神社)

「白山神社」は日本全国に3000社ほどあるそうです。文京区の白山神社は、ご由緒によりますと、天暦2年(948年)に加賀一の宮(白山比咩神社・しらやまひめじんじゃ)の勧請を受けて本郷元町に鎮座したとあります。その後、現在の地に移転し江戸幕府第5代将軍徳川綱吉と生母桂昌院の信仰を受け、小石川の鎮守となったそうです。

横から見た本殿(文京区・白山神社)
横から見た本殿(文京区・白山神社)
白山神社(文京区)の狛犬
白山神社(文京区)の狛犬

紫陽花を見ながら、本殿の左手を奥に進むと、神社の裏手は公園になっています。公園にも紫陽花がたくさん植えられています。

文京区・白山神社の紫陽花
文京区・白山神社の紫陽花

公園を抜けると、「富士塚」浅間神社がありました。富士山に登ってみたい江戸庶民の信仰を集めた「富士講」の名残でしょうか。現在では、「あじさいまつり」の期間中に公開されているそうです。

文京区白山神社の富士塚
文京区白山神社の富士塚

そのまま進むと、白山神社の境内に戻る通路があります。

文京区・白山神社裏手から境内へ
文京区・白山神社裏手から境内へ

「白山神社」(文京区)
東京十社巡り「白山神社」(東京十社会)
白山神社(東京都神社庁)

スポンサーリンク

まとめ

小雨の降るなかでしたが、文京区にある白山神社へ紫陽花を見に行ってきました。境内では、およそ3000株もの紫陽花が出迎えてくれます。

東京十社の一つである由緒正しい神社ご本殿のほかに、江戸時代の信仰の名残である「富士塚」も見ることができました。

タイトルとURLをコピーしました