新型コロナウイルス感染症が流行しています。外出・旅行を疑似体験していただき、少しでも皆様の気晴らしになりましたら幸いです。→ 内閣官房対策サイト

薔薇園と巨大地球儀の本郷給水所公苑へ【東京都・文京区】

春薔薇の季節になったら、東京都北区の旧古河庭園に行きたいなと思っていたのですが…

2021年はコロナの影響で都立庭園がすべて休園となってしまいました。

2020年に旧古河庭園を訪れた様子は、下記の記事にまとめています。

今年は、やはり薔薇で有名な文京区の『本郷給水所公苑』を訪ねてみることにしました。

本郷給水所公苑は、東京都水道局の本郷給水所の上に作られている公園です。給水施設は水道局の管轄ですが、その上に人工地盤が作られて、文京区立の公園になっています。

すぐお隣には水道局の関連施設や『東京都水道歴史館』という無料の展示施設もあります。

本郷給水所公苑は、公園北側の洋風庭園と公園南側の和風庭園に分かれています。

本郷給水所公苑の案内図

公園南側の和風庭園にはちゃんとも造られていました。

周囲はビルに取り囲まれていますが、敷地が広いので空が開けていて暗い感じはありません。

本郷給水所公苑の池

5月中旬のこの日は、ツツジも咲いていました。

本郷給水所公苑のツツジ

池の周囲には、鳩の彫刻がありました(柳原義達さんという彫刻家の作品だそうです)。

鳩の彫刻(柳原義達・本郷給水所公苑)

池の周囲には木が植えられていますが、うっそうとした感じではなく、全体に明るい雰囲気でした。

和風庭園側には、神田上水の遺構が復元展示されています。東京都水道歴史博物館の展示の一部のようです。

神田上水の遺構復元施設(本郷給水所公苑)
神田上水石樋(本郷給水所公苑)
神田上水の遺構復元施設(本郷給水所公苑)

池に架かる木の橋もなかなか良い雰囲気です。

本郷給水所公苑の池に架かる橋

橋を抜けると、洋風庭園側に入ります。

本郷給水所公苑のパーゴラ

洋風庭園は、フランス式の幾何学的な庭園設計になっています。和風庭園よりもさらに明るくて開放的な空間になっています。

本郷給水所公苑の洋風庭園

春薔薇のピークは5月初旬から中旬だそうです。今回訪れたのは5月下旬でしたので、すでに満開を過ぎていたようですが、まだ数種の薔薇の花を楽しむことができました。

本郷給水所公苑の薔薇
本郷給水所公苑の薔薇

パーゴラに咲く薔薇がとても良い雰囲気です。ベンチで読書でもしたら気持ち良さそうです。

本郷給水所公苑のパーゴラと薔薇の花
パーゴラに咲く薔薇(本郷給水所公苑)

本郷給水所公苑のもう一つの見所は、真っ青な巨大地球儀です。

本郷給水所公苑の地球儀

なぜ地球儀があるのか謎ですが、グルグル回すことができて楽しいです。

地球儀はちゃんと回ります(本郷給水所公苑)

地球儀の向こう側には児童遊園もありますので、お子様連れにもおすすめです。

本郷給水所公苑の遊具

アクセス

本郷給水所公苑へのアクセスは以下の通りです。

・JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋」駅から、徒歩7分

・JR総武線・地下鉄丸の内線「御茶ノ水」駅から、徒歩7分

・地下鉄丸の内線・都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅から、徒歩7分

スポンサーリンク

まとめ

春薔薇を見に、東京都文京区の『本郷給水所公苑』を訪ねてみました。

周囲はビル群という都心のロケーションながら、パーゴラに咲く薔薇がロマンティックな雰囲気で素敵でした。

神田上水の遺構復元施設もあってなかなか興味をそそられたので、次に来るときは隣の『東京都水道歴史館』にも行ってみたいと思います。

地球儀や児童遊園もあるので、お子様連れで御茶ノ水付近にお越しの際は、ちょっと立ち寄ってみるのにおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました