新型コロナウイルス感染症が流行しています。外出・旅行を疑似体験していただき、少しでも皆様の気晴らしになりましたら幸いです。→ 内閣官房対策サイト

旧古河庭園で洋館と春薔薇を楽しむ【東京都・北区】

旧古河庭園
旧古河庭園

春薔薇を見に、北区西ヶ原の旧古河庭園に行ってきました。庭園への入園料は一般150円(65歳以上は70円、小学生以下及び都内在住・在学中学生は無料)です。ちなみに、駒込にある六義園との共通入園券『園結びチケット』を買うと50円だけお得です(有効期限なし)。

旧古河庭園正門
旧古河庭園正門

旧古河庭園には、古河財閥3代目当主の古河虎之助が1917年に建てさせた洋館があります。別料金ですが、邸内を見学することができます。

正門側から見た古河邸
正門側から見た古河邸

古河庭園の洋館を設計したのは、『お雇い外国人』として工部大学校造家学科(現在の東京大学工学部建築学科)で教鞭をとったイギリス人建築家のジョサイア・コンドルです。鹿鳴館などの設計で有名ですが、古河邸以外にも三井倶楽部ニコライ堂など、ジョサイア・コンドルの設計した建築物が現存しています。

撮影禁止のため、邸内の画像は掲載できませんが、明治・大正期にタイムスリップした気分で楽しめました。邸内の見学を終えてから、薔薇園に向かいました。様々な種類の薔薇が咲いていました。

薔薇園から見上げる古河邸
薔薇園から見上げる古河邸

春薔薇は5月~6月の間、早咲きの一番花、遅咲きの花、早咲きの二番花と長く楽しめるように手入れされているそうです。

旧古河庭園の薔薇
旧古河庭園の薔薇
旧古河庭園の薔薇
旧古河庭園の薔薇
遅咲きの薔薇・ドロシーパーキンス(旧古河庭園)
遅咲きの薔薇・ドロシーパーキンス(旧古河庭園)

サツキもちょうど見頃でした。サツキの花越しに見上げるような邸宅が素敵です。

旧古河庭園のサツキ
旧古河庭園のサツキ

薔薇園は、幾何学的な植栽が特徴の洋風庭園ですが、薔薇園の先には、心字池もある広い日本庭園があります。邸宅も庭園も、「和洋折衷」の造りになっているのが、興味深いところです。

薔薇園の下のツツジ苑(旧古河庭園)
薔薇園の下のツツジ苑(旧古河庭園)

日本庭園の新緑の下は、涼しい木陰になっていて気持ちよく散策できました。石積みの周囲の苔むした様子もいい雰囲気です。

日本庭園から望む邸宅(旧古河庭園)
日本庭園から望む邸宅(旧古河庭園)
日本庭園の石積み(旧古河庭園)
日本庭園の石積み(旧古河庭園)

心字池の周りをぐるりと散策しました。紫陽花もちらほら咲いています。

旧古河庭園の紫陽花
旧古河庭園の紫陽花
旧古河庭園の池
旧古河庭園の池

展望台になっている東屋からは、日本庭園を一望できます。

心字池(旧古河庭園)
心字池(旧古河庭園)

東屋からは薔薇園も見えました。

展望台から望む薔薇園(旧古河庭園)
展望台から望む薔薇園(旧古河庭園)

小さな売店には、薔薇ジャムや薔薇ケーキ、薔薇のアイスなど、薔薇スイーツや薔薇グッズが売られています。この日は汗ばむほどだったので、東屋で薔薇のアイスをいただきました。

春薔薇の季節には薔薇スイーツの売店も(旧古河庭園)
春薔薇の季節には薔薇スイーツの売店も(旧古河庭園)
薔薇のシューアイスとバラのアイス
薔薇のシューアイスとバラのアイス

シューアイスは、シュークリームで有名な洋菓子屋さんHIROTAと東京都公園協会のコラボ品のようです。バラのアイスは?と蓋の記載を見ると、鹿児島県鹿屋市とあります。なんと、はるばる鹿児島県から!と何となく気になって、後で調べてみました。鹿児島県鹿屋市には「かのやばら園」という薔薇園があるそうで、そちらの売店で売られているアイスのようです。どちらも薔薇の香りがして、美味しかったです。

旧古河庭園へのアクセス

最寄り駅はJR京浜東北線の「上中里駅」、または都電荒川線の「西ヶ原駅」で、どちらからも徒歩7分です。

スポンサーリンク

まとめ

春薔薇を見に、北区西ヶ原の旧古河庭園を尋ねました。ジョサイア・コンドル設計の洋館も見学しました。旧古河庭園では、薔薇園と洋館という外国のような景観と一緒に、本格的な日本庭園も楽しむことができます。

新緑の下を気持ちよく散策した後は、名物の薔薇スイーツも堪能しました。

タイトルとURLをコピーしました